闇金を解決する

闇金を解決して抜け出るヒント

闇金トラブルを解決したい方は日本にたくさんいます。
多くの人は誰に相談したらよいのかわからないままです。
最初から相談する人がいれば、闇金から借金するようなことはないわけですが・・・。

 

闇金は、お金を借りたことをタテにしてますます卑怯なやり口でお金を返させ、また、お金を借りさせようとします。
そうなったら、とにかく開き直って、闇金との関係を断つしかありません。

 

闇金トラブルを解決するにはどうするかというと、もう道は1つしかありません。
闇金被害の解決は、その闇金の専門家に聞くしかありません。
それは消費者生活センターまたは国民生活センターなどの公の相談所、もしくは、弁護士事務所や司法書士事務所です。

 

公の相談所は各地方自治体に設置されていて無料です。

 

一度、ぜひ相談してみるべきですが、ただ、アドバイスのみで実際に動いてくれるわけではありません。
本当に闇金トラブルを解決しようと思ったら、弁護士や司法書士に頼むしかありません。
彼らは法律の専門家ですから、違法な闇金の解決方法を知っています。
すでに多くの闇金トラブルを処理している弁護士・司法書士事務所なら、即日のうちに取り立てから解放してくれることでしょう。

 

医者でも脳外科医がいるように、弁護士事務所にも闇金専門のところがあるのです。
その中でも評判のよい弁護士事務所があって、それが下記の事務所なのです。

 


闇金を解決する司法書士・弁護士事務所

闇金トラブルを専門に解決している弁護士事務所、司法書士事務所をご紹介します。
多くの闇金を専門とする法律事務所がありますが、その中から特に闇金解決を得意とする事務所をご紹介します。

 

闇金,解決,トラブル,弁護士,司法書士ヤミ金被害にあってませんか?【Duel法律事務所】

Duel法律事務所の特徴は、24時間365日いつでも対応してくれること。弁護士事務所が取り立ての問題を即日解決してくれます。まずはメール相談から始めてみましょう。相談は無料です。


闇金,解決,トラブル,弁護士,司法書士

闇金の解決を実質的に助けてくれるのは弁護士・司法書士事務所

消費者生活センターまたは国民生活センターなどの公の相談所は、無料で相談に乗ってくれます。
闇金トラブルを解決するためのサポート窓口は地方公共団体にあるので、相談してみるべきです。
闇金トラブルを解決するための方向性は見えてくるはずですが、解決までに至らないことが多いのです。

 

なぜなら、相談はしてくれますが、具体的な行動でサポートはしてくれないから解決にいたらないことが多いのです。
その点、弁護士事務所や司法書士の事務所なら、間違いなく解決に向けて行動してくれます。
ただし、弁護士の仕事は幅広いので、闇金被害の解決専門の弁護士に相談すべきでしょう。

 


闇金,解決,トラブル,弁護士,司法書士

闇金との関係を断って解決してください

闇金業者は脱法行為と承知で高い金利を設けて、お金を貸しています。
違法であっても恐喝まがいのやり方で、借金返済を迫りますし、さらに借金をするように求めてきます。
そこには理屈はありません。

 

「借りた金は返せ」というだけの理屈で、攻めてきます。
 
ただ、その背景にはなんの法律的なバックはなく、犯罪的な行為をしているだけなのです。

 

 

そのことをよく理解しておきましょう。
犯罪の被害者であることを認識して、それに対決できる弁護士、司法書士たちの力を借りて解決するのです。
そうしないと、いつまでもお金を取られ続けてしまいます。
また、恐喝もあるでしょうし、ときには優しい顔でさらに借金をせまってくるケースもあります。

 

そんなときは、もう関係を完全に断ち切って、闇金業者に会わないようにしないといけません。
そんなとき助けてくれるのは専門家である弁護士や司法書士の方たちです。
今では、大手の弁護士事務所は日本全国に対応しているので、どこからでも相談できます。
やはり、闇金を専門とした、経験と知識のある弁護士・司法書士事務所に闇金問題の解決を依頼するのが一番よいでしょう。

 



 

 

 

 

闇金トラブルの解決は自分だけの問題ではないと認識しよう



 

闇金業者とのトラブル解決は、自分だけの問題ではないのです。
その影響はあなたに関係するすべての人にあり、さまざまな形で迷惑をかけることになります。

 

だから、どんなに甘い言葉を言ってきても、今すぐに闇金業者と関係を断って解決してください。
そのためには闇金解決専門の弁護士事務所、司法書士事務所に相談するしかありません。

 

親身になって相談に乗ってくれますから、思い立ったら、いますぐに連絡しましょう。
闇金解決の道はすぐそこです。

闇金被害に遭ってしまった場合の適切な解決方法とは

闇金解決の適切な方法をご紹介しましょう。

 

■@■闇金から借入れを行った元金だけは返済を行う必要がある

闇金からお金を借りてしまった為に、法外な利息を請求されたり、執拗な取立てに遭ってしまった場合にはどのように解決すればいいのでしょうか。
闇金はご存知のように違法業者です。
よって、元金を含めて返済の義務はありません。

 

ですが、最初から闇金だと分かっていて借りていた場合にそのような主張をすると、逆に最初から踏み倒す予定で借りたことになってしまい、借りた方に詐欺罪が適用される恐れがあります。
また、全く闇金だとは分からずに借りてしまったという主張にも無理があります。
もし本当にそうだとしても、それを裏付けることは難しいです。
その為、法外な利息は別としても、借入れを行った元金だけは返済を行う必要があると考えてください。

 

 

■A■闇金からの借金140万円までなら認定司法書士が対応できる

この元金の返済が行われたかどうかが、闇金被害から解放される為には大事になります。
闇金業者から見ても、最悪でも元金だけは回収しようと考えています。
それが返ってくれば、それ以上無茶なことはしなくなることも多いです。
それは、元々違法行為だと分かってそのような業務を行っているからです。

 

ですが、個人的に元金だけは返済したからと、その他の利息分や延滞金などの支払いを拒んでいると、その分の取立てや嫌がらせを受けてしまう可能性が高いです。
そこで、この元金の返済を行った後に、弁護士、もしくは認定司法書士に相談することが大切です。
この認定司法書士とは、法務大臣から認定を受けた、債務整理業務を行うことのできる司法書士です。
債務整理業務は基本的には弁護士が行うものですが、140万円以下の案件に対しては、この認定司法書士でも対応することができます。
請求額が140万円を超えるまでに膨れてしまった場合は別ですが、そうでない場合はどちらに相談をしても構いません。

 

 

■B■闇金との会話や電話の録音などを録っておきましょう

既に元金の返済は終わっているので、これ以上の支払いを行わないと依頼をした弁護士などから闇金業者に伝えてもらいます。
これは債務整理の任意整理に相当する対応になりますが、相手が正規の業者ではない為、これを行ったことで信用情報に傷が付くようなことはありません。
この後に直接自分に連絡があった場合、今弁護士などに依頼中なので、そちらと話してもらえるようにと伝えてください。
依頼を行った後は、決して自分で対応してはいけません。
ほとんどの場合、これで取立て行為は止まります。

 

元金の返済を行い、弁護士などが介入した後に取立て行為が続くようなことがあれば、強要罪や脅迫罪の適用対象となります。
そのような行為が行われた場合は、その証拠を残すべく、会話や電話の録音などを録っておきましょう。

最近では録音機能の付いた携帯電話やスマホも多いので、そういった録音でも構いません。
それを持って、再び弁護士などに相談を行う、もしくは警察に対応してもらいましょう。

 

相手も人間なので、ここでいきなり警察を通すより、弁護士などの方がいいかも知れません。
録音まである以上、これ以上そのような行為を続けると大変なことになってしまうと分かるので、ここで取立てなどは止まるでしょう。
止まらないようであれば、これ以上は本当に刑事事件になります。
最近ではそこまで無茶をしてくる闇金はまずありません。
事件化されてしまうと、強要や脅迫を行った人が逮捕されるだけでなく、業者としても終わりだからです。
変な話ですが、闇金側も、ここまではやるがこれ以上はやらないといったことを徹底しているケースも多いようです。

 

 

■C■闇金の法外な利息を払い続けてはいけない

ポイントは、必要な取立てに遭った場合でも、決して法外な利息を払い続けてはいけないということです。
闇金業者も、この人は少し脅かせば払うということが分かると、取れるだけ取ろうと目論んできます。
逆に、厄介な相手だと分かると、それ以上深追いをすることは少ないです。
そのような労力を掛けるなら、他の払ってくれる人から取った方が手っ取り早いからです。
その行為が正しいのかどうかはさておき、まずは元金だけは返済を行うことです。
上にも書きましたが、例え相手が闇金であろうと、借りたお金は返すのが道理というものです。
もちろん法外な利息まで支払う必要はありません。
警察を頼りにした場合も、この元金の返済が行われたかどうかを重視する傾向があります。
基本的には、いくらお金に困った場合でも、このような闇金業者には手を出してはいけません。
最近では「ソフト闇金」と銘打っているような業者も存在しますが、要は利息制限法を無視した法外な金利でお金を貸している闇金業者に変わりはありません。
お金を借りなくてはいけないようなことにはならないのが一番ですが、どうしても借りなくてはいけなくなった時には、正規の金融業者から借りるようにしてください。

 

 

闇金の取立ては闇金専門の弁護士か司法書士で解決

闇金の厳しい返済請求

闇金からお金を借りてしまうと、違法な金利が付いて返済を求められてしまい、返済できないと厳しい返済請求が待っています。
返済するお金がないということで返済を断ると、親族に連絡が行って替わりに返済するように求められたり、ひっきりなしに会社に電話されることもありますし、夜中遅くになって自宅に訪問してくることもあります。

 

その結果会社や親族などに迷惑をかけることになり、場合によっては仕事に支障が出ることもあり、精神的にも大変追い詰められて苦痛を感じて夜も眠れない日々を送ることになってしまいます。

 

 

警察は闇金を解決できない

ただ定められた以上の金利を取る事は禁止されていますし、夜遅くに取り立てに訪れたり、会社などに取り立ての電話を行なったりする行為も違法行為なので、警察に連絡をすることで、解決が得られると思ってしまいます。

 

しかし、迷惑行為を受けているということで話しを聞くことはあっても、刑事事件として認めることができる犯罪に繋がるような証拠がないと、警察は基本的に動いてはくれません。

 

例え嫌がらせを受けている証拠を揃えて被害届を提出しても、パトロールを強化して身辺警護を行なうくらいで、そのときに何も無ければパトロールや身辺警護も行なわなくなるので、警察がいることを知って個人宅への嫌がらせを闇金が遣らなくなっても、警察がいなくなれば再開されてしまいます。

 

 

闇金を解決できるのは弁護士や司法書士

このように基本的に闇金の問題は民事の問題ですから、警察は介入することが出来ず、解決できるのは弁護士や司法書士といった民事のスペシャリストになります。

 

そこで弁護士や司法書士に相談して解決を図る方法として思い浮かぶのは、任意整理や自己破産などの債務整理を行なうことになりますが、例え債務整理に実績のある弁護士や司法書士に依頼をしても、闇金からの請求を止められるとは限りません。
なぜなら、闇金自体が貸金業の許可をとっておらず、違法行為をしていることを承知のうえで行なっているので、任意整理のように返済額を下げる交渉に応じることはないですし、自己破産をしたとしても闇金にとっては関係ないので、厳しい取立てが止むことはありません。

 

 

闇金問題解決に専門家が必須

闇金の問題が解決されて厳しい取立てから解放されるには、闇金の対処に慣れている弁護士や司法書士を探して依頼する方法しかありません。
闇金の対策に慣れている弁護士や司法書士を探す方法は法テラスで相談する方法と、ネットで闇金専門の相談窓口を開いている弁護士や司法書士を探したり、闇金の相談を請け負っている団体などを探して、まずは相談を行なう方法があります。

 

ただ法テラスの場合は、対応する弁護士を選ぶことは出来ず弁護士の交代を3回まで行なえますが、三人とも闇金対応の経験がない場合もありますし、予約をして相談をするという手間もかかってしまうことを考慮すると、ネットなどで闇金専門の弁護士や司法書士を探したり、闇金の相談を請け負っている団体に相談する事が解決への糸口になります。

闇金の解決法・・・借金が膨らんでしまった場合

闇金とは?

闇金とは、正規の金融業者としての登録を行っていない、いわゆるモグリの金融業者のことです。
本来貸金業を行うには金融庁の許可を受け、貸金業法に則った営業を行う必要がありますが、闇金は無許可で貸金業法も無視した営業を行っており、法外な金利を要求することがほとんどで、場合によっては無茶な取立てを行ってくることもあります。
どれだけお金に困った場合でも、決して利用してはいけない存在です。

 

 

闇金の金利

闇金からお金を借りてしまうと、すごい勢いでその借金が膨らんでしまいます。
それは、正規の金融業者に適用される貸金業法では金利は最高でも年利20%までという決まりがありますが、闇金ではそれを遥かに超えた金利を要求するからです。
”トイチ”と呼ばれる、10日間で1割の金利を要求するような闇金も多く、これは年利に換算すると365%にもなります。
このような金利でお金を借りてしまうと、例えば10万円を借りた場合、1日ごとに1000円の金利が発生することになり、とても払い切れたものではありません。

 

闇金からの借金を解決するには?

闇金が違法に貸金業を行っていること自体はもちろん、貸金業法を超える金利を徴収することは違法なので、このような高い金利を支払う必要はありません。
ですが、支払いを拒むと無茶な取立てをされてしまうこともあるので、うまく解決する方法としては、弁護士を立てることをおすすめします。
この場合の依頼内容は、その闇金業者と交渉を行ってもらい、正規の範囲内の金利で計算した支払いによる解決を求めることになります。
場合によっては一切金利分を支払う必要なく、元金だけの支払いで済むこともあります。
これは相手の闇金業者の対応にもよりますが、元々許可なく貸金業を営んでいること自体が違法なので、法的にそこを突いて解決を図る為です。
弁護士がその気になれば、闇金業者の銀行口座を凍結させることさえ可能です。
実際にそのような手段を使うこともあり、闇金業者とのトラブルには弁護士ほど頼りになる存在はありません。

 

 

元金だけは返済しましょう

法的には、このような違法業者からの借金は元金も含めて返済する必要がないとされていますが、実際にはそうもいきません。
原則的に借りたものは返す必要があります。
ただし、違法な金利までは支払う必要はありません。

 

闇金業者側も、元金が回収できれば無理にその後に引きずるようなことなく、何より違法行為を行っているという自覚があるので、弁護士が間に入ればそのようなことはできなくなります。
また、違法なので全く返さないと開き直るのは一番いけません。
これを行ってしまうと、見方によっては返さないことを前提に借りたとも判断できるので、逆に借りた側に詐欺の容疑が掛かることがあります。
例え相手が闇金であっても、元金だけは返済する必要があるということです。

 

闇金からの借り入れをしている方のトラブル解決法

●闇金業者の問題解決は法律で可能です

現在、何らかの事情により、闇金業者を利用している方は、不当で異常な高金利設定などで借金しているでしょう。
闇金業者が、肉体的かつ精神的な暴力的な行為で取り立てていたりもするでしょう。
そんなふうに闇金業者からの様々な損害などを受けたりしている場合に、自分だけでも対応が可能な解決方法について、今からご紹介しましょう。
不当で異常な高金利設定というのは、借りる側である債務者の弱い立場に闇金業者がつけ込んだものです。
契約書を借主の承諾なく交わして行う内容のものが多いので、明らかに民法上の不法原因給付である可能性があります。
だから、そのような闇金の態度については解決方法があるのです。

 

 

●闇金の不当な利息は返済の必要はない

裁判所の判例なども、その不法性を認めてそのような場合には返済をしなくてもよいという立場を取っていますので、これで闇金業者に対応していく事が可能です。
しかし、いくらこうした法的根拠を借主側が主張をしても、違法性のある貸金サービスの運営をしている闇金事業者ですので、まともに聞くような人達でありません。
このため、何らかの暴力的な手段を講じて来たりする可能性は大いに有り得ます。
このため、ボディガード会社に依頼したり弁護士・司法書士の先生などへ相談をしたりするのがベストな解決方法といえます。
解決は、こちらの考え方次第でいくらでもあるのです。

 

 

●闇金の暴力行為の損害も解決可能です

今度は闇金事業者による暴力行為を伴う取り立て行為についてです。
これなどは明らかに犯罪性の高い刑法上での規定に該当する行為ですので、物怖じせずに警察や検察などへ告発・告訴などを何時でも可能な用意をしておく事が無難です。確かにこちら側は借主としてお金を闇金業者側から借りている人間ですが、肉体的及び精神的な暴力を伴う取り立て行為は、そのケースによっては債務内容を大きく上回る額の損害の場合も有り得ますので、裁判で争える可能性は充分有り得ます。
今では微妙な暴力行為や脅迫行為をしてくるケースもあるので、その際にはビデオやレコーダーなどでの記録ということです解決策を探ることができます。

 

 

●闇金の個人情報の売買も法律違反

そして最後に、闇金業者側による借主側の承諾もなく、個人情報の売買された場合の藻に大解決について説明しましょう。
これなどは明らかに個人情報保護法違反の可能性がある行為であり、同法上にある刑事罰を闇金業者側が受ける可能性があります。
そのうえ、売買行為による被害が財産上出たりしている場合には十分、その情報売買をされた借主本人などが事業などをやっていたりした場合には不法行為としての損害賠償を起こせる要件といえます。
個人情報を売り渡した闇金事業者とその情報の買主の両者を訴訟して問題解決することが可能でしょう。

 

上述の各段落においての内容から、闇金事業者から借り入れをしている方が対応可能な解決法としての諸手段について話してみましたが、あくまで応急的なものである事を忘れてはなりません。
自分一人では対応に必ず限界がありますので、完全な解決法として機能させていくにはやはり、司法書士や弁護士の先生などへ早めに相談をしていく事が肝要といえます。

 

 


↓このバナーをクリックしてください。