ソフト闇金も中身は闇金

ソフトだろうがハードだろうが闇金は闇金です

ソフト闇金をご存知でしょうか。
ソフトという言葉がつくだけで何だか良い印象を持ってしまうかもしれませんが、ソフトでも闇金には違いありません。
最近では自らソフト闇金と名乗って貸付行為を行なう業者も多く、高金利ですが闇金のような怖いことはしませんよとうたって勧誘をしています。
広告もまるで通常の消費者金融のようで、口コミも「優しくて安心して借りることができた」「助かりました」などといったものを掲載し、安心して借りることができそうというイメージを持ちやすくなっています。

 

しかしながら、重ねて言いますがソフトだろうがハードだろうが闇金は闇金です。
表はソフトに作っていても、中身は闇金なのです。
借入の際には優しい女性が対応をして、お金が必要な事情を聞いてくれたり、中には相談にのってくれたりすることもあるようです。
また、少しの返済の遅れについては闇金のように取立てをせずに待ってくれる業者もあるようです。

 

でも借金を抱えて困っている人の身になって貸付をしているわけではありません。
そもそも闇金は利息を回収して暴利を得ることを目的としているので、他では借入のできない人を客として獲得して高金利での貸付をしようとするのです。
またすぐ完済する客よりも、少し返済が遅れても利息だけを返済し続けてくれるような客の方が良いのです。

 

 

 

ソフトな対応も違法な金利でお金を回収するための手段なのです。
ソフトな対応に勘違いをして借入をすれば、利息ばかりの返済が長期間継続します。
また優しく新たな借入を勧められて更に借入が増えたり、闇金の横のつながりから他の闇金から勧誘されて借入をしてしまうこともあります。
また、中身は闇金ですので、返済が遅滞し続けたりすれば当然態度も変わる可能性もあります。
1日に何度も電話がかかってきたり、職場や家族にも電話がかかってくることもあるでしょう。

 

あくまで利益を得るために貸付をしていますので、回収ができない状態になったらソフトな取り立てなどあり得ません。
ソフト闇金も闇金です。そして闇金は貸付行為自体が犯罪行為です。
出資法に違反し、また公序良俗に反することから闇金との契約は無効となります。もしソフト闇金という言葉に騙されて借入れをしてしまい、返済ができなくなってしまう状態となった場合には、すぐに弁護士や司法書士に相談をして下さい。
恐らく闇金側は取立の際に「弁護士とか司法書士に相談にいっても関係ない。

 

どんなことをしても回収する。」といったことを言ってくるでしょう。しかしながら実際には、ソフト闇金側も自らが違法な存在であることを承知していますので、弁護士や司法書士が代理人になって交渉をすると強硬な手段をとることはありません。
弁護士や司法書士が代理人になった時点で回収の見込みはほぼなくなりますので、危ない橋を渡ってまで回収をするメリットがあまりないからです。
まずはソフトという言葉とソフトな対応に安心して借入をしてはいけません。
ソフト闇金も中身は闇金ですので、安易に手を出したりしないように注意が必要です。

関連ページ

裏というのは本当に危ない
闇金というのはほんとに危ないものです。返金が多少なりとも遅れれば鬼のような電話をしてきたりオフィスへの返金催促の呼出をかけてきます。
人をおどす裏社会の汚さ
お金を借りている本人がオフィスに出勤したのを見計らってから、自宅に行って家人に返金を速くするようにと綴った文を明け渡す。
「トイチ」という10日で1割
「トイチ」という言葉がありますが10日で1割です。
ダメだとわかりながら借りる人たち
ダメだとわかりながらも闇コストに手を出す人はやはり多いのです。
俗称はローンシャーク
貸金業法及び利息制限法といった、金銭の消費貸借契約を事業とする業者は遵守しなければなりません。
自己破産に伴うデメリット
実は、数年前まで、莫大な額の借金がありました。なぜそんな借金ができたかというと、原因は株でした。
闇金融の流儀とは
世間には、日陰とされている、人の目の付かない場所で活動をしている闇金融業者が少なからず存在しています。