任意整理して返済中です

投資に失敗をして債務整理をする形になりました。

●若いときのギャンブル依存症について

 

じぶんは現在34歳の男性会社員です。
自分は現在でも借金を返済中です。
昔は、今とは違うもので借金をしておりました。
それがギャンブル依存症です。
自分は高卒で会社に入社をさせていただきました。

 

高校の成績もそれなりのものをおさめたので、大手の企業に就職をすることができました。
仕事の学習などには自身があり、それなりの仕事はこなしておりましたが、自分は昔から人間関係というものがほんとうに苦手でありました。
クラブ活動などもしたことがないので、上下関係や信頼関係を築くのがほんとうにへたくそでした。

 

ですので、それでストレスがかかってしまい、自分はパチンコやスロットでストレスを解消しておりました。
当時は4号機の黄金時代でした。
スロット北斗の拳でラオウを昇天させることを夢見て、ほぼ毎日かよっておりました。
最初は貯金や給料の範囲以内でおこなっておりましたが、それも底をついてしまい、自分はキャッシングをおこないました。

 

 

アコムやレイクといった一般の消費者金融です。
じぶんは正社員であり、安定をした収入もあるということで、すぐに審査がとおり、そしてキャッシングをすることができたのです。
それを元手にして取り返そうとしたのですが、5号機に変更をされて、全く勝てなくなりました。
最終的には両親や親戚のすねをかじる形で借金を返済させていただきました。
自分がほんとうに情けなく思ってしまいます。

 

じぶんは若いときにパチンコやスロットにはまってしまい、借金をかかえてしまったことがありますが、両親や親戚にすねをかじり、迷惑をかけてしまう形で借金を完済しました。

 

 

●現在ではギャンブルにははまってはおりませんが、自分はまた別の借金をつくってしまい、債務整理の一つである任意整理をさせていただきました。

 

自分は去年からですが、また心をいれなおして、まじめに働いた貯金を資本金にしてXをさせていただきました。
FXは株と同じで投資の一つです。
少ない資本金で大量の利益をだすこともできるというのが魅力であり、自分はこちらで不労所得を得ることができればと思い、投資をさせていただきました。
ドルの通貨をメインに売買をさせてもらっております。

 

 

ですが、自分は120円台のときにまだまだこれからもあがると思い、買いポジションで取引をさせていただきましたが、現在のドルは111円台までさがってしまい、自分は大きな損失をだすことになってしまいました。

 

それでまた借金をして取り返そうとしているのですが、限界がきてしまい、両親などももう助けてはくれないので、せめて利息はなしにして、返済をしたいと思い、司法書士に連絡をとり、任意整理をさせていただいて、現在も利息なしで借金を返済中です。

 

次借りてしまったらそのときはアウトだと思ってくださいと事務所の方にも強く言われて、それをしっかりと守り、これからはほんとうにまじめに働いた収入だけで生活を行っていきます。

関連ページ

雰囲気や風貌に騙されてはいけません
昔の闇金業者と言うのはイマホド規制線が張られていなかったせいか、大きな街になるとよくプラカードをもったおじさんを立たせて割と堂々と勧誘をしていたものです。
未成年で闇金から借りました
なんとかうまいことやり過ごしてきたのですが遂に資金が底をつきどこかからお金を借りられないかと探していました。当時19歳だった私に、大手カード会社からお金を借りることは出来ませんでした。
トイチで500万円を借りました
私はある工場を経営していました。バブルの頃は、経営状態がとても良く、従業員にボーナスも出すことが出来ていました。
貸金業登録を確認しておく
闇金とは、まず全般的に言える事は各都道府県に貸金業としての登録をしていない業者の事を差します。
司法書士の電話で終わりでした
いわゆる闇金というところでお金を借りてしまいましたが、なにも闇金で、お金を借りるつもりはありませんでした。
嫌と言うほど思い知らされた
私自身初めて闇金に手を出したのは今から15年ほど前、どこのしょうひしゃきんゆうからも相手にされなかった私の元に届いたダイレクトメールがその始まりでした。
人生が崩壊しそうになった
一度でも慣れた生活レベルを大幅に引き下げてしまうのは、実に辛いことだと私は思います。
パチンコ中毒から破産へ
叔母夫婦は私の祖父母が経済的に恵まれた人たちだったので、新婚時代に新築一戸建てを建築してもらい住宅ローン一切がない恵まれた夫婦でした。
自主退職を強要された
闇金業者への借金が30万円あり、友人にお金を借りるなどして順調に返済は済ませていました。
女性20代で作った借金の訳
当時は109の全盛期くらいでそんな雑誌の情報に感化され、紙面のモデルに憧れファッションアイテムや美容代にお金をつぎ込んでいました。