未成年で闇金から借りました

19歳の時に借りた某違法闇金会社

私は19歳の頃、あまりバイトをしておらず遊ぶお金にいつも困っていました。
なんとかうまいことやり過ごしてきたのですが遂に資金が底をつきどこかからお金を借りられないかと探していました。当時19歳だった私に、大手カード会社からお金を借りることは出来ませんでした。

 

しかし学生ローンならばもしかしたら未成年でも借りられるところが見つかるかもしれないと思い検索いたしました。
多くの学生ローンの会社はやはり20歳からしか受け付けておりませんでした。

 

しかしある闇金会社は18歳から借りられるという見出しで打ち出されていました。
借りるしかない私は電話をし、言われた通りのものを持って行きました。
印鑑とキャッシュカードと身分証でした。
収入証紙はいらなかったようでした。
怖い人なのかと思いましたが、対応は懇切丁寧でした。
利率は年18パーセントで私は月3000円ずつ、卒業までに払い終わるという計算でした。

 

 

返済が遅れる場合は連絡してくれとのことでこちらも了承しその日に現金で70000円受け取り帰りました。
返済の初月、バイトの給料の遅延で期日までに返せないと分かるとすぐ電話しました。

 

たしか5日前だったと思います。
すると声を荒らげることはしなかったものの、高圧的な態度で罵倒されました。
たしかに期日までに払えないのは大問題です。
自分でも反省しております。
とにかく謝り、返済期日を少しだけ延ばしてもらいました。
通話時間は10分前後だったと思います。

 

返済はATMからも可能で、会うのが怖かった私はATMにて振り込むことにしました。
しかし、しばらくしてから闇金会社から電話がきました。
なぜATMて振り込んだのかという旨でした。

 

遅延したなら誠意を持って謝りに来いと、これもまた高圧的な態度で諭されました。
次の月に3000円を持って闇金会社へ直接向かうことに決まりました。
そして迎えた翌月、闇金会社へ直接行くとドアに会議中というさげ看板が出ていました。

 

 

中では罵声と怒号、そして謝罪の声が聞こえてきました。
次の瞬間、私もこれからこうなるのかと察してしまい、逃げ帰ってしまいました。
返済期日の2週間前から返済ができるのですがこの日はぴったり2週間前に来ていたので、無理にその日に払う必要がなかったのです。
私は泣く泣く両親に事情を話し、結果こっぴどく怒られました。
70000円は両親が肩代わりしてくれ

 

振込にて完済いたしました。
自分の勝手な判断と無知さが招いた一連の騒動ですが

 

やはりネットを見ても大手カード会社とは明らかに対応が違いました。
年18パーセントという数字を見るに、ギリギリグレーゾーンの利率だろうと父の知り合い(弁護士)が言っていたそうです。
そして、もしあの会議中の時にあの部屋に入っていたら、いったい私はどうなっていたでしょうか。

 

これに懲りてもう金融会社からお金を借りるということはしなくなりました。
もちろん正しく利用すれば全く問題ありませんでしたが、闇金は正しく利用しなかった場合のリスクが大きいと感じました。

関連ページ

雰囲気や風貌に騙されてはいけません
昔の闇金業者と言うのはイマホド規制線が張られていなかったせいか、大きな街になるとよくプラカードをもったおじさんを立たせて割と堂々と勧誘をしていたものです。
トイチで500万円を借りました
私はある工場を経営していました。バブルの頃は、経営状態がとても良く、従業員にボーナスも出すことが出来ていました。
貸金業登録を確認しておく
闇金とは、まず全般的に言える事は各都道府県に貸金業としての登録をしていない業者の事を差します。
司法書士の電話で終わりでした
いわゆる闇金というところでお金を借りてしまいましたが、なにも闇金で、お金を借りるつもりはありませんでした。
嫌と言うほど思い知らされた
私自身初めて闇金に手を出したのは今から15年ほど前、どこのしょうひしゃきんゆうからも相手にされなかった私の元に届いたダイレクトメールがその始まりでした。
人生が崩壊しそうになった
一度でも慣れた生活レベルを大幅に引き下げてしまうのは、実に辛いことだと私は思います。
任意整理して返済中です
じぶんは現在34歳の男性会社員です。自分は現在でも借金を返済中です。
パチンコ中毒から破産へ
叔母夫婦は私の祖父母が経済的に恵まれた人たちだったので、新婚時代に新築一戸建てを建築してもらい住宅ローン一切がない恵まれた夫婦でした。
自主退職を強要された
闇金業者への借金が30万円あり、友人にお金を借りるなどして順調に返済は済ませていました。
女性20代で作った借金の訳
当時は109の全盛期くらいでそんな雑誌の情報に感化され、紙面のモデルに憧れファッションアイテムや美容代にお金をつぎ込んでいました。