債務整理は希望の光?

借金地獄に苦しむ人にとって、債務整理は希望の光です。

借金をするようになったのは、初めは遊ぶ金が足りなくなったからでした。
いわゆる消費者金融で、お金を借りました。そして、その後ちゃんと返済していました。
最初はいわゆる、危機感みたいなものを持っていたんです。
ちゃんと返さないとまずいことになる、というような。

 

でもしょっちゅう借金をするようになって、借金をしているという状態に、慣れてしまいました。
私は、当時遊びまくっていて、ちゃんと仕事をしていましたが、おいしいものを食べたり、女の子のいる店にしょっちゅう行ったりしていました。
よく人にも奢りました。
ちやほやされるのが死ぬほど嬉しかったんです。
もちろん、誰だってそうですが、自分には、それしか楽しみがなかったんです。

 

借金地獄に落ちるきっかけになったのは、ボーナスの前の月でした。
ボーナスが出るからいいやと思って、クレジットカードをガンガン使いました。
つまり、もともと借金があったのに、大盤振る舞いしたんです。

 

 

ボーナスが出ましたが、全額は返済できませんでした。
そのため、カードAでは20万円、カードBには30万、さらに消費者金融に10万という、悪夢のような状況に陥ってしまいました。
こういう状況にまで陥って、ようやく焦りました。
まずい、と思いました。

 

相当遅れてきた恐怖感から、地道に返済しようと思い、こつこつと返済を始める、つもりでした。
ですが、3ヶ月ほど経ちましたが、相変わらず20万、30万、10万なんです。
利子の支払いだけで精いっぱいという状況に陥っていました。

 

給料が18万で、生活費が7万、残りの11万のうち、5万は相変わらず遊びに使っていたからです。
正直、たった60万円の借金で、自殺したいと思いました。
生きているより死んだ方が楽だと、本気で思いました。
だからこそ、その苦しみから逃れるために、遊びに行っていました。
本当に愚かでした。

 

 

そんなとき、債務整理を知りました。
なんにでも飛びつく状況になっていたので、すぐに飛びつきました。
飛びついたものが、闇金の低金利でご融資、でなかったことに感謝です。
相談すると、任意整理という債務整理を勧められました。
これは、将来の利息をカットできる方法です。

 

しかも毎月の支払いを三分の一にすることもできます。
これだと思いました。
利子を払っても払っても減らない今、本当にこれしかなかったのです。
司法書士の人に10万近く払うことになりましたが、結果、毎月の支払額と利息が減ったので、本当に助かりました。

 

私ができるアドバイスは、借金はヤバい、借金は怖い、という意識を、失わないことです。
これを一回失うと、どんどん借りてしまったり、カードをガンガン使ってしまいます。
私には、借金の恐ろしさが刻み込まれていますから、もう苦しむことはありません。
借金は、本当に危ないものなのだ、という意識を持つことが本当に肝心です。

 

そして債務整理は、借金で困っているときは唯一の救いの糸となります。
ですので、確かに司法書士にそこそこの額を払いますが、結果的に得するので、苦しんでいる場合は積極的に使った方がいいと思います。

 

関連ページ

内定取り消しの絶望感から
学生で19歳だったころの私には、憧れていたことがありました。大人からお金を借りて、自分の力で働いて完済することです。
多重債務になる人の思考
債務整理を行なう方は最近では大変多いのが現実ではないでしょうか。
法テラスを利用する手もある
私は、法律事務所で働いていましたので、闇金の取り立てで苦しむ人へのアドバイスができればと思います。
債務整理は多くの方にとって大変重要な事となります
自分の好きな事を行って行ければその人の人生はとても素敵なものとなるのですが、普段から自分の金銭的な問題に関しても十分な注意を払って快適な生活を送っていく事は極めて重要な事となるので、その点を考えて自分らしい人生をいかにして楽しんでいけるかどうかを真剣に考えていく事がとても重要な問題となります。